バイクのエンジンがかからないときの解決法

ある日バイクに乗ろうと思ったらエンジンが始動しない!

「これは深刻なトラブル発生か」と焦ってしまうような事態ですが、
エンジンがかからないときの原因は意外とシンプルなものが多いです。

まずは焦らず、各項目をチェックして自分で解決できないかを確認しましょう。

●ガス欠(ガソリン不足)になっていないか

当然のことですが、ガソリンがなくなっているとバイクは走りません。

ガス欠を防ぐには燃料計を定期的に確認し、残量が減ってきたら早めに給油する習慣をつけることです。

燃料タンクが空になっても、予備タンクがあるバイクならコックをリザーブの位置にすることでエンジンがかかります。

しかし、これはあくまで応急処置的な対応となるので、あまりこの方法に頼りすぎるのは危険です。

●バッテリーあがり

セルモーターが回らないときはバッテリーあがりを疑ってみる。

バッテリーはテスターで電圧をチェックして、電圧が減っていれば交換か充電が必要になる。

このとき、キャブレーター車の場合はいわゆる「押しがけ」によるエンジン始動が可能。

エンジン始動後はそのまま走らせていればある程度充電できますが、バッテリーが弱っているなら交換した方がいいでしょう。

FI車はこの方法が使えないため、他の車両のバッテリーと繋いでエンジンを始動する「バッテリージャンプ」で解決できる。

バッテリージャンプ

●キルスイッチがオフ

バイクのハンドル部分にある緊急用のエンジン停止ボタン「キルスイッチ」

通常、バイクのエンジンを停止するときはイグニッションで停止させますが、
中には日ごろからキルスイッチでエンジン停止させる人もいるそうです。

このキルスイッチがオフになっているとエンジンが始動しないばかりか、
セルモーターを回し続けてバッテリーがあがってしまい、ケアレスミスからトラブルに発展するケースもあります。

トラブル防止のためにもキルスイッチは緊急時のみの使用とし、日常的に使わないよう心がけましょう。

外出先などではイタズラでスイッチをオフにされることもあるので、普段使っていない人もエンジンがかからないときはチェックしましょう。

キルスイッチ