バイクのエンジンがオーバーヒートしたときの対処法

いつもは定位置から動かない水温計が急に高い位置を指したり、空冷エンジンで走行中に急にパワーダウンを感じたら要注意。それはエンジン内が高温になっている証でオーバーヒートの前兆です。

オーバーヒートと言えば夏場の暑い日や、渋滞路で起きやすいイメージがありますが、
それ以外にメンテナンス不足によって起きる場合もあります。

では、オーバーヒートが起きてしまう主な原因をケース別に紹介します。

一番の原因はエンジンの冷却不足

オーバーヒートの原因として多いのは、過酷な走行によるエンジンの冷却不足です。

よく起きるのは真夏の炎天下の中、渋滞道路の路肩を低速で走り続けるような状況。
ただでさえ気温が高いところに、渋滞中のクルマの熱が加わって高温になり、走行速度が遅いために空冷効果が落ちてしまうことで起こります。

冷却不足によるオーバーヒートは単純にエンジンを「冷やす」ことで改善しますが、空冷・水冷を問わずエンジンに直接水を掛けて冷やしたり、慌ててエンジンを停止するのは厳禁。

空冷の場合は少し速度を落としながら徐々にエンジンを冷やしていくのが一般的。
水冷ならエンジンの冷却ファンが動いていることを確認し、日蔭の涼しい場所でアイドリング状態による冷却を行いましょう。

木陰で冷却中のバイク

オイルや冷却液が減っている場合も

真夏など暑い季節でもなく、特に過酷な走りもしていないのにオーバーヒート気味なときはオイルや冷却液を確認します。

エンジンオイルは潤滑油としてのイメージが強いですが、冷却の役割も担っています。
そのためエンジンオイルの量が規定量から大きく減っていると、エンジンの冷却性能が落ちてオーバーヒートを起こします。この場合はエンジンオイルを補充することで症状が改善します。

次に冷却液のチェックですが、これは必ずエンジンが冷えた状態で行います。
確認方法はリザーバータンクの目盛を見て不足していなければOK。

不足している場合は補充しますが、このときもエンジンが冷えた状態で行うこと。
高温でラジエターキャップを開けると大変危険なので覚えておきましょう。