コンビニ弁当は肌に悪い?ニキビを防ぐための食事とは

 
食事は元気の源です。好きな物を食べることで、頑張るぞと思えたり、1日の疲れを癒してくれることでしょう。

けれど、コンビニでお弁当を買う時につい好きなおかずが入っているものを選んでしまいませんか?

好物ばかりを食べ続けるということは、自然と栄養バランスも偏ってしまうことになります。

肉や揚げ物などの油分の多い食生活を続けていると、徐々に毛穴の角質が厚くなり、やがては詰まって、ニキビになってしまいます。

だんだんと体質も油脂肌へと変わっていき、よりニキビのできやすい肌になってしまうのです。

ニキビを防ぐための食事とは

ニキビ対策には、ビタミンやミネラルが多く含まれる食べ物が適しています。緑黄色野菜がたくさん入った野菜サラダなどは、ビタミンと食物繊維が豊富で、肌の状態を改善してくれる効果があります。海藻サラダは、野菜のビタミンと海藻のミネラルを一緒に摂取することが可能です。

他にも野菜ジュースやバナナ、ナッツ類やベリー類のなどもコンビニで手に入りやすいニキビに効果的な物でしょう。

ビタミンC

ビタミンCはニキビに効果的と言われています。このビタミンCを多く含む食べ物として、果物ではみかん、いちご、野菜ではブロッコリー、ほうれん草、ピーマンなどや、いも類、嗜好品では緑茶があります。

このビタミンCがニキビに効果的と言われるのは、コラーゲンを生成する効果や肌環境を整える効果、肌の保水力などを低下させる活性酸素を抑えるための栄養素としても働くためです。

ニキビは肌環境が乱れると起きやすいことから、原因の予防としても効果的です。

ビタミンE

ビタミンEもニキビに効果的です。このビタミンEを含む食べ物として、アーモンドなどのナッツ類やうなぎ、たらこをはじめとした魚介類、西洋かぼちゃ、アボカド等の野菜にも多く含まれています。
また、小麦胚芽油、ひまわり油、ベニバナ油などの植物油にも多いです。

ニキビへの効果は、強い抗酸化作用により肌の保水力を低下させる活性酸素を抑えることです。

これにより肌の状態を良くすることや、体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、ニキビなどの吹き出物の発生を収ます。

ビタミンB群

ビタミンB群もニキビに効果があると言われています。

このビタミンB群を多く含む食べ物は豚肉などの肉類やうなぎ、たらこと言った魚介類(以上B1)、豚や鶏、牛のレバー(以上B2)、マグロやカツオ(B6)、牡蠣、さんま、あさり、にしん(以上B12)があります。

これらは協力してニキビの原因となる皮脂分泌を抑える効果があります。

特にビタミンB2は脂質の消費に使われることが多く、不足すると皮膚が敏感になり、肌のトラブルが起きやすくなります。

亜鉛

亜鉛もニキビに効果的です。亜鉛が多く含まれる食品は、肉類だと豚レバー、牛モモ肉の赤身、鶏モモ肉、魚介類だと牡蠣(特に多い食品です)、ホタテ、シジミ、うなぎです。

大豆にも含まれています。ニキビへの効果ですが、タンパク質の代謝を促しニキビなど皮膚のトラブルを改善したり、抗酸化作業によりニキビなど活性化脂肪の害を防ぎます。

また、ニキビの細菌を攻撃する白血球の材料の一つでもあるため、摂取によりニキビの改善も期待できます。