母子家庭の人がお金を借りる方法

母子家庭の人がお金を借りる方法として今回2種類の話をしたいと思います。

一つ目の方法としては消費者金融です。cm等でやっている大手消費者金融で借りるのがベストです。もちろん金利等は付きますが、短期間(1ヶ月)で返せる予定があれば金利0で貸してもらえる所がほとんどなのでおすすめです。

しかし、低収入や過去支払いを滞らせてしまった場合等で借りる審査に通らない場合があります。広告などでは誰でも借りられるような表現をしていますが実態は一定の審査を通らなければ借りることはできません。

消費者金融として、いわゆる闇金などの審査が比較的ゆるいものもありますが金利の高さや仮に返済が滞ってしまった場合の対処法などに不安があるためおすすめしません。

もう一つの方法としては、地元の社会福祉協議会や市役所へ行き母子家庭の人のための生活支援金や住宅扶助等の保護制度を受けることです。

もちろん条件や制限はあるものの、消費者金融からお金を借りるよりは金利やリスクは低く、また、様々なサポートを受けられるため1番おすすめです。

現代社会において母子家庭はさほど珍しくなくなりましたが、母1人で家庭を営むには限界があります。そのような場合の制度としてしっかり整っているため是非活用してもらいたいです。