置換えダイエットで感じたメリットとデメリット

置き換えダイエットをやってみようと思ったきっかけは、テレビで置き換えダイエットの特集を見て、カロリーがグンと抑えられるのならばやってみたいなと思ったのがきっかけでした。

置き換えダイエットをやってみて良かったのは、数日でなんだか体が軽くなったような気がして、動きたいと思えるようになったのがメリットだと思いました。

しかし、置き換えダイエット商品のほとんどはゼリー状の飲み物や青汁が多く、長く続けるには味が単調すぎて飽きてしまうというのがデメリットだなと感じました。

お湯に溶かして食事を用意するだけという簡単さは忙しい朝にはもってこいでしたが、どんなにフレーバーが豊富でも似たり寄ったりの味や食感が感じられなくて、どうしても飽きてしまうのが置き換えダイエットをしていて辛いなと常に感じていました。

ビークレンズは味が良くて飽きない

そんな時、状況維持で見つけたのが「ビークレンズ」で、すぐに「良さそう。また大根菌サポート効果を持つコンブチャと、不要なものを吸着・排出便秘してくれるチャコールが1つになったのは日本初上陸とのこと(竹虎成分)それだけに多くの方達から注目されています。

私はチャコールにも良さそうなので、ビークレンズと研究制限でなんとか・・という感じです。また、味も良いので飲むのが大根じゃなくて無理なく続けられそうだなとわりとプランから感じましたね。

参考:ビークレンズ口コミ

置換えダイエットは短期間がおすすめ

手軽に始められる置き換えダイエットは、ダイエットのスイッチを入れるのには適していますが、長期間するものではないなと思います。

あくまで期間限定ダイエットや、本格的にダイエットをする為の起爆剤に過ぎないダイエット方法だと感じました。

食事を制限するのがダイエットでは一番よいですが、美味しいものや食感が同じものを1日1食でも毎日食べるのは苦痛だなと感じました。

参考:肥満の食事療法